« 2009年4月10日~12日 喜界島 | トップページ | 2010年3月15日~3月19日 大東諸島試験釣行 »

2009年8月20日~23日  奄美大島南西沖

今回の釣行は、3泊4日の船中泊。

お世話になったのは、

おなじみ奄美大島のOCEAN PIONEER号です。

なんとお二人様だけのVIP釣行でした。






出航直前まで船長はトカラに北上するか南に下るか迷っていた。

最近調子がいいのはトカラ列島。

しかし、南には久しく叩いていないポイントもある。





お客様に、

『どこに行きたいですか?』

と尋ねると、

『デカいカンパチが釣れるところwink





予想通りの返事が返ってくる。coldsweats01



一度はトカラに行こう!と決めた船長ですが、

最終的には一発大狙いの南に決定。








日程中の奄美の天気。

初日こそ風が吹いていてウネリを伴っていたが、

2日目からは海も落ち着き、青い空・蒼い海の好天に恵まれた。






さて、今回のお客様をご紹介します。




三重県からお越しの倉田様


Dsc03490_3






千葉県からお越しの知久様


Dsc03491_3






お二人ともウィンチの道具も用意されていたが、メインはスタンディングです。





さあ、奄美の大熊港を出港。



Dsc03492_2









港を出て30分くらいの島周りのポイントで、まずは餌となるムロ釣りを開始。

しかし、うまく釣れません。





3時間ほどかけてポイント移動。

再度ムロ釣り開始。





ポツポツだが、数匹のムロアジを確保。

初日の夕マヅメを迎えた。







慎重に大物の反応を見て、お待ちかねの泳がせ仕掛け投入。







Dsc03493










Dsc03494









投入直後、倉田さんのスタンディングロッドにHITsign03






Dsc03495












アオチビキだった。

ひどく潮が走っている。3.5ノットもあるようだ。

大潮の日はこれがあるから頭が痛い。






またもや倉田さんにHITsign03




今度は引きの強い魚のようだhappy02





Dsc03499











Dsc03503















Dsc03504







今度はGTだった。20kgくらいはあるのではなかろうか・・・。








Dsc03505








Dsc03506








記念撮影のあと、このGTはリリース。









その直後、知久さんにも大きなアタリ。

スタンディングロッドにDAIWAシーボーグ1000MTのタックルだが、

ドラグが止まらない。







Dsc03507










Dsc03508














なんと・・・、惜しくもラインブレイクだった。

ファーストランで根ずれした際にラインに傷が入ったのだろう。

高切れだった。





おそらく、GTじゃないかな。










その夜は奄美の島周りに停泊。

しゃぶしゃぶを食べて早めに就寝。










8月21日早朝。

本命の大物ポイントに向けて大きく移動。




数時間後、ポイント到着。

まずはムロ釣り開始。





これがなかなか喰わない。

魚探に映る群れが小さいようだ。

また潮がほとんど動かない。




海は気まぐれです。






時間は掛かったが、何とか少量のムロアジを確保。

昼過ぎになってようやく大物釣り開始。





Dsc03511








余談ですが、きれいな海と青い空。そして入道雲。

夏です。sun






Dsc03524










さあ、喰って来い happy02 dash









Dsc03526
















そのときです


















左舷の知久さんに大きなアタリが・・・!!



























右舷の倉田さんにもアタリ。

ダブルHITとなる。













知久さん、良型の本カンパチをゲッチュ~~lovely good

18kgでした。




お土産にちょうどいいですね。










Dsc03533











倉田さんはどうだ??














残念。

倉田さんはクロタチカマスでした。




いつ見ても、

グロテスクな魚です。









2日目の夕マヅメ。

一発に期待が掛かる。







Dsc03536








Dsc03537














そのときです!!





倉田さんのスタンディングロッドに、

渾身の一撃が走る。









近くで見ていた私も壮絶なファーストランに見とれてしまい、

カメラを構えるのを忘れてしまうほど・・・。







稀に見るBIG HITだった。






しかし、その結末は・・・・










無念のラインブレイク。

なんと倉田さんのPRノットが飛んでいた。






悔しすぎて倉田さんガックリ。

本当に惜しいアタリだった。







このあと、特にアタリもなくこの日の釣りを終える。

2日間で未だカンパチ1本。








3日目の釣果にすべてをかけるしかない。












8月22日 早朝。


この日も大きくポイント移動。

昨日のポイントを捨て、

数年叩いていないという、とっておきのポイントへ向かった。








苦戦しながらムロアジを確保。

かなりサバも混じる。

奄美諸島でサバなんて初めて見た。






これも何か海に変化があった証拠か。









さて、大物釣り開始です。

時間は正午を過ぎていた。








餌の数は決して多くない。

またこの時期は水温が高いため、

ムロアジを長時間生かしておくのも難しい。








一匹一匹、丁寧に目抜きで餌付けする。

目抜きを使えばムロアジは長生きするし、

スッポ抜けを防ぐことができ、確実な釣果にもつながる。









一発目は知久さんだった。










よっしゃぁ~~!!










今年65歳になる知久さん。

完全手巻きのフルスタンディングに挑戦!!









引きを見る限り、これはかなり期待できるサイズだ。












ん~~~~~~~~~~!

残念、無念。








昨日の倉田さんに引き続き、

またもやラインブレイク。








知久さん自作のクランキングリーダーがスッポ抜けていた。

原因はケプラーに通したリーダーの距離が短かったようだ。








知久さん、

この悔しさをバネに、

更に強度UPをしたクランキングリーダーを研究しましょうね。












気を取り直し、仕掛けを投入します。

いきなりHITsmile










Dsc03539










Dsc03541












ダブルヒットだ~!!
















Dsc03546










倉田さんはどうだ?









Dsc03543














倉田さんも無事ランディング。

10kgクラスのヒレナガカンパチだった。








Dsc03545













次の流し。

またもやダブルHITsign03











Dsc03547









Dsc03548

























Dsc03555




知久さん。

20kgの本カンパチ。




65歳とは思えない、すばらしいファイトでした。







Dsc03553






倉田さんは12kgのヒレナガカンパチ。

これもいいお土産になります。










さあ、どんどん行きますよ~~!













またもや倉田さん。

3連続HITで左手の握力がなくなってきたようです。














Dsc03557











イソンボだった。

潮が変わったのかな?





この時点で生き餌が底を着いた。

お二人ともカンパチは3本ずつ。

お土産は十分確保済み。





ここから方向転換し、

お土産用のアオダイ釣りをした。

船長はアンカーを入れて、掛かり釣り。

死んだムロアジで撒き餌を作る。

ほとんど潮は動かない。







五目仕掛けに切り替え、

1~2kgくらいの美味そうなアオダイが釣れる。








時に、アオダイとは思えない強い引きもあった。
















倉田さん。

切り身でカンパチ。





ほのぼのした時間です。








お呼びでないお魚も・・・














ベビーシャークです。










知久さんの五目竿には強いアタリが・・・・





















泊船長の下ネタが炸裂・・・








なんだか、見たことのない魚です。

メダイには似ているが・・・。









Dsc03559










Dsc03562









Dsc03565








何だこれは???

凄いヌルです。







こんなのも釣れました。






Dsc03567






Dsc03568







こんなまったりムードで夕マヅメ。

ガツガツすることなく釣りを楽しみ、夕食を摂った。








8月23日 最終日。

早朝から奄美大島に向けて船を走らせる。



途中、いくつかのポイントで五目釣りをしてみたが、

特に音沙汰なし。








PM1:30

大熊港へ戻った。

今回の釣果はカンパチ7本。

最大で20kgでした。







お二人のお客様は十分なお土産を確保され、

大満足の釣果です。






倉田様、知久様。そして泊船長。

本当にありがとうございました。






沖釣り専門ショップ OUTRIGGER

« 2009年4月10日~12日 喜界島 | トップページ | 2010年3月15日~3月19日 大東諸島試験釣行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2009年4月10日~12日 喜界島 | トップページ | 2010年3月15日~3月19日 大東諸島試験釣行 »